FEH 戦渦の連戦+〜おやすみ、良い夢を〜プレイ記&中断データの失敗談について

こんにちは、ムカキンです。新しい戦渦の連戦〜おやすみ、いい夢を〜が開催されました。今回の報酬星5英雄は『仮面マルス』でした。持っていない人には新規ゲットのチャンス。すでに持っている人には限界突破をさせるチャンスですね。そういうわたしは限界突破させます。

さて、さっそくですが今回の連戦の感想。

FEH 戦渦の連戦+〜おやすみ、良い夢を〜のプレイ感想

ボーナスキャラは、夏、再びガチャの4名と、夏、来たるから水着ターニャ。昨年の水着カムイと、ガイア、そして報酬枠から仮面マルスです。

むかきん1号の戦渦の連戦パーティ構成

私が所持しているボーナスキャラは、新規参入の水着カミラと、水着カムイ、そして仮面マルスの3人ですが、せっかくなので、水着カミラを主軸とした編成を組むことにしました。というわけで、必然的に飛行パーティ。

水着カミラ:攻撃苦手、速さ得意なので、聖印で攻撃3を装備、あとは所持スキルのままです。

エリンシア:速さ苦手、守備得意:我が軍のエースアタッカー。Bスキルに離脱、聖印にアイオテを装備。Cスキルは飛刃の鼓舞(正月アクアから継承)

斧カミラ:HP苦手、速さ得意:セカンドアタッカー。武器は艶斧ではなく勇者にしました。連戦では一方的に殴る方が向いていると思います。

正月アクア:攻撃苦手、守備得意:再行動と飛刃の鼓舞役。

今回の連戦のボスは『水着大人チキ』でした。下図はルナティック7連戦のラストステージ。

海だね。暗器キャラの場違い感といったら無い。正月アクアも他人のこと言えないけど。ステージとしては、海と岩場なので、飛行以外は移動制限があって自由に動けないのが難点です。そういった意味でも飛行パーティは適正だと思いました。しかしながら、途中のステージで飛行つぶしと言わんばかりの弓キャラが随所に配置されていたので油断は禁物。

初回と2回目ボーナスのステータスアップ状態では、上記4名でさくさく進められましたが、3回目以降は通常カミラだと火力不足&耐久不足で即退場することが多々ありました。3回目以降は火力アップのためにも艶斧に付け替えた方がいいかもしれないです。それから、ラスボスの大人チキがやたらと固いため、魔法キャラ(ボーナス水着ターニャとか)の方が簡単に倒せると思いました。

昨日の16時の段階でスタミナが20と1回分しかなかったので、スタミナボトルを使用してスタミナ0にするまでプレイしたところ、上記4人でなんとか最後までたどり着け、HPの減り具合で次軍に交代、なんとか撃破という程度で済んでいます。スタミナ1本の消費+1回のプレイで、スコアは『8991』。昨日の時点では3000位くらいでしたが、1日またいだらもう55000位でした。みなさん気合い入ってプレイしているな〜。わたしは適度にボトルを消費しつつ、頑張っていきたいと思います。

FEH タップバトルで遊ぼう。アクセサリーがもらえるミッション配信中

戦渦の連戦で忙しいけれど、タップバトルも忘れちゃいけないとばかりに、デイリーミッションではないタプバのミッションが配信されています。タプバのミッションではキャラの見た目に変化がつけられる『アクセサリ』が手に入れられるので、プレイは必須です。

今回追加された『アクセサリ』は、温泉にぷかぷか浮かばせるあの『あひるちゃん』と『温泉てぬぐい』。手ぬぐいに至っては、湯船につけちゃいけないよ、と注意書きまで書いてあります。設定が細かいなあ。水着キャラに装着させたら、もはや温泉ロケの再現だね。

最後に、[FEH]戦渦の連戦で起きた恐怖体験を語って終わります。おそるべし中断データの怪。

といわけで、見出しにもつけたとおり、ずっと言いたかったけど機会を逃していた、私が体験した失敗談を語って終わりたいと思います。

それは前々回に開催されていた、戦渦の連戦+炎の国のロキ開催直後の1回目プレイの時のこと。16時過ぎの夕方だったこともあり、いろいろと雑用に追われつつも、報酬目当てで片手間でもいいから早くプレイしたいという焦りから、1回目のプレイを中断を繰り返しながらプレイしていました。その間、メールアプリで連絡のチェックやネット検索なども同時進行してやっていました。アプリ自体は一度も終了していませんが、スリープになって再起動をしてを繰り返し、そして1時間くらいかけて、ようやく1回目のプレイが終了。3倍ボーナスで2000弱のスコアをもらい、その日は時間切れもあって2回目のボーナスプレイを次の日に持ち越すことにきめてアプリを終了しました。

そして次の日の朝、休日だったこともあり意気揚々と2回目のボーナスステージをクリア・・・と思ったら、クリア後のポイントが700と、3倍になっていないことに気がつきパニックに。2回目のクリアは3倍ボーナスだよね? と首をかしげつつ、とりあえずカスタマーに問い合わせてみることに。はじめてのカスタマーサポートだったので、ちょっと緊張しながらメールを記入、送信。

そして返答が来た時に衝撃的な事実が。カスタマーの調べによると、データ履歴では1回目のプレイが『未クリア』になって終わっており、2回目のプレイがクリアデータとして採用、終了されているため、2回目(とわたしが認識している)のプレイが実は3回目のプレイであるとのこと。

え?ど、どういうことですか? 1回目が未クリアだと? だって私ちゃんと最後までクリアしたよ? 途中で投げ出すなんてしないよ? だってボーナスもらえないじゃん! どーいうこと? とまたもパニックになりながら、再度カスタマーに食い下がりのメールを返信してみる。

カスタマーからの答えは、中断データがきちんと保存されていなかった可能性があるとのこと。プレイ中に別アプリを起動したか? もしくはアプリ再開時に中断データを破棄したかが原因であると思われると。データ再開しますか? の確認画面にすら出ていなかった(というよりも中断自体していない。画面はずっと戦渦のプレイ画面だった)こともあり、わたしはまたもパニックに陥り、再び食い入るメールを送る。(カスタマー様すみませんでした)

それからしばらくたって、もはや諦めムードの私のもとに、次の戦渦の連戦が始まる頃、カスタマーから再度連絡が。ふたたびデータを照合したところ、問題がおきるまでにわたしが戦渦の連戦をプレイした回数は結局2回だったことが記されており、中断データが保存されなかった原因はつきとめられなかったことが書いてありました。

つまり中断データの不具合が原因でボーナスポイントがふっとんでしまったということでした。このやり取りの間、ネットで同じ体験をした人がいないか調べたところ探せなかったので(配信初期の頃の闘技場中断リセット事件についての記述はあった)、自分の体験を記事に書こうと思い立ち今に至ります。この経験をもとに言えることは、戦渦の連戦は、一度はじめたら最後までつっぱしってクリアせよ! ということです。ボーナスタイム中(最初と二回目)だけで良いので、一度はじめたら他のアプリは起動しない、携帯に負担をかけない、中断データは破棄しないことを心がけてプレイしましょう。

最後にこの場をお借りして、調査してくださったカスタマーのみなさま、ありがとうございました。感謝しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です