FEH すべてのキャラに愛を注ぎたい・・・限界突破無し星5キャラの育成を見つめ直す日々〜FEHな日々40の2

分割投稿失礼します。40の1の続きで、ウィークリー結果云々のあと色々と自軍キャラのスキル構成をテコ入れしたよ、というお話の続きになります。

FEH 火曜(2019/08/13)更新・ウィークリー結果という名の散財&自軍キャラ育成の見直し〜レビュー読んでるとちょいちょい書かれてるんだけど、産廃って呼ばないであげてっっ〜の続き

産廃どーたらの話は置いといて、どんどん太刀打ち出来なくなっていく闘技場や縛鎖の闘技場、飛空城の戦いからいかに自分の立ち位置を守るかを考えたところ、キャラ育成の見直しをしようという思い立ったわけです。
まず色々とやったんですがその前に、キャラ強化の一環として、大英雄死神騎士覚醒の前に散財していた件についてご報告します。
先週のウィークリーから死神騎士覚醒までの間に、実はもう2万円たまってたんですよね。すごい翼たまるペースが早いなぁと思っている方、からくりはこれよ⬇︎
 

さまぁふぇ〜すてぃばるで復刻した水の眷属タクミ戦・・・なんと、インファ攻略出来てなかった!あの頃はなぜかクリアできずに終わってしまったんだよなぁ・・・。ここに来てようやくクリアして、タクミと翼2000をゲットしたんですよ。
それと投票対戦3回戦のお小遣い。ウォルト軍は敗北したけれど、終始劣勢(いっとき互角だったこともあったよ!)だったためにスコアを稼ぎやすく、合計順位報酬が6491位だったため、500円くらい多く翼を稼げたのです。ふふふふふ。あえて負けを選ぶというのもアリというせこい稼ぎ方をしております。
あとは想いを集めての小銭をかき集めたら、死神騎士覚醒分+2万つかってあそべるくらいの翼がたまったのでした。
でもってその2万円を何に使ったかというと、ここんとこガチャでラグズの王たちを一挙にゲットする機会に恵まれ(ティバーン、ニケ、カイネギス)たので、飛空城の防衛にラグズの王を集結させて遊びたいという衝動にかられたのです。
闇の神階は暁のユンヌですし、(ソティスはもってない)シリーズもそろって見た目も良いじゃん!というノリですな。

相変わらずひねりのないハートフル防衛城ですが、一所懸命考えた防衛であっさり負けると悲しいでしょ・・・。精神ダメージを減らす意味でも、ハートルフルにしとけば負けても悲しくないんです!
まぁラグズの王とかいって結局カイネギスが採用されてない!というご指摘ありがとう!いざ置いてみたら、ティバーン、ニケ、ネサラといえば関わりが深いのは鷺の王族だよな・・・と思ったら、リアーネとリシュオンを配置したくなってしまったのです。
でもって、別にハートフルマップだから防衛キャラもきばることないとおもったけど、対戦相手でティバーン使ってくる人がほぼ『疾風迅雷』をつけているということと、それに毎回やられている自分がいるという事実を重ねて、自分もティバーンの強化をしたいと思ったのでありました。

思い立ったら即実行ということで、ティアモ星4を星5に覚醒し、疾風迅雷とオマケですり抜けをゲット。

キャラ強化に2万使ってしまいましたが、心はなぜか清々しい。ついでに攻撃力だけ神竜の花で追加しておきました。
最近の私は1キャラに全部の神竜の花をつかうのではなく、攻撃&速さだけ上がる程度に花を使うようにしています。肝心な火力につながるステータスを上げるのに、100程度で済むのは気も楽だし、花をためるストレスもあんまりないしでお得です。
話は戻って、過去配信された星5キャラの強化についてです。
まずやったことその1は、今までによく使用して来た『獅子奮迅』『待ち伏せ』『攻め立て』『回復』などのスキル見直しについてです。
これはどういうことかというと、過去キャラだけが配信されていたころは、速さ40以下のキャラなんてざらにいて、40程度の速さでも『攻め立て』などが発動していたこともあり、この奮迅+攻め立て、奮迅+待ち伏せ、奮迅+回復、の組み合わせを多用していたのですが、今のヴァージョンではほとんど機能しないことがわかっていました。
獅子奮迅はステータスが3上がるので今でも使いやすいスキルではありますが、『攻め立て』は45〜50とかまで速さのステータスがあがってしまったキャラ(新規追加されていくキャラ)が多くいるなか、限界突破していたとしても40ちょい上くらいにしかならない過去キャラでは発動が厳しくなってきました。
『待ち伏せ』も、先制したところで削りきれずに倒されてしまう確率の方が高いし、『回復』は連戦する以外は特に意味ないかな・・・と思い始めたり。使う場面にもよりますが、私が今テコ入れしたキャラを使う場所は『縛鎖の闘技場』なので、これらのスキルよりも格上の相手にたいしてより大きなダメージを確実に与えることができるスキルのほうが良いと考えたわけです。
そこで注目したのは『奮迅』+『〇〇殺し』です。個人的には『〇〇殺し』の発動条件がHPの残量なので相性は悪いのですが、縛鎖の闘技場で特定の相手1体を倒すためだけなら非常に効果的であります。(と私は思う・・・)
例としてよく遭遇する『スルト+10』という名の暴力に・・・、全戦スルト+10にあたるとそっとスマホを閉じたくなるという暴力を前に、限界突破無しのキャラが挑むとなると足もすくむわけなのですが、スルトは速さが低い&だいたいBスキルが『守備隊形』というパターンが多いために、斧殺しで追撃が取れます。縛鎖となるとお供に再行動を入れたりすることで、1回で撃破できずとも2回やって倒すとか、シンモラのダメージ外に一回逃げて再度攻撃するとかいろいろできるのでおすすめです。まぁアーマーキラー+斧殺しがあれば一番良いんですけどね・・・。とはいえ、アーマーキラー持ちにも限りがあるので、予備は作っておくにこしたことはない!それこそ全戦スルト+10に当たったらアーマーキラー7本用意しなきゃいけないので大変なのです。
すんません長々と・・・。まぁようは中途半端な速さは捨てて、攻撃特化&確実な追撃が取れることを目的に、星5限界無しでもある程度火力あるキャラにスキル継承し直して、縛鎖用の控え選手に仕上げていこうという事です。相手が『見切り追撃効果』しか装備してない軍団ばかりだったらとりあえず諦める!
でもって選んだキャラは火力が48以上で、もともと自分の育成で獅子奮迅を装備していたキャラや、あとは竜とか武器が特殊とかそういう子を基準に継承させていきました。



限界突破なしだと攻撃得意でも50いくかいかないかくらいですが、武器に特殊効果があったりするからなんとかなるかなと。
ルーテは攻撃得意+1と奮迅で火力57とかなり高いので活躍してくれるはずですが、あとは縛鎖で検証してみないとわからないな・・・。再行動がお供にいたらなんとかなるだろうとは思ってます。
使えるであろうキャラを8体足したのでスキル継承素材アベル、ラズワルド、オスカルの在庫がかつかつになってしまいました。胸が痛い。
アベルなんて星3しかなかったから、翼2000消費しましたよ。
それにより貯蓄が21000円になったのですが、まだ2万あったのでだれか覚醒しようかなと、未覚醒の星3・4在庫とにらめっこ。

星5覚醒してないキャラ結構残ってるんですよねぇ・・・。あとは個体値で迷ってるとかそんなんで保留してるわけなんですが、とりあえずこの中から誰か良い子はいないかなと探して、特攻キャラがいないのであとは火力が高いキャラがいいかなと思い眺めてみると、あ、いたいた。
8月のアプデで新武器追加されて、その武器が火力アゲアゲ効果のある『メイ』さんです。

星3しか所持してなかったので、覚醒したら500円足りない・・・。仕方がないので、新シーズン開始の闘技場報酬3000を求めて、対戦剣を使用。

3000を稼いで、メイを星5へ。


さまぁ〜ふぇーすてぃばる効果でさくっとレベル40になる。限界突破無しで攻撃力53はなかなか強い。それに+武器の効果、

自分から攻撃したとき+6があれば60近いダメが出せる。素晴らしいわ〜。
それから新武器の錬成効果を調べてみると、

キンランの書=攻撃速さの連携効果付きが特殊錬成効果でした。さらに攻撃+効果があるので、これは良いかもとおもって錬成投資。
これにフリー枠のAスキルに飛燕の一撃を継承して、とりあえず⬇︎みたいな構成に。

お前さんざん『攻め立て』やめたって言っておいて最後はこれかよ!!と言われたいです。
そして『攻め立て』オチの最後にもう一人スキル変更したキャラがいるので、そちらをご紹介。
先週今週と闘技場ボーナスキャラである我らが隊長『アンナ』さんです。風花雪月でもがんばってますね。

星5に覚醒してからほとんど変えてなかったスキルを先週・今週の闘技場ボーナスキャラ&飛空城で使用するためにテコ入れしました。
まずノーアトゥーンを守備錬成し、守備力の低さをカバー。入れ替え、氷蒼、獅子奮迅はそのままなのですが、Bスキルの待ち伏せを『攻め立て!!!!!』にしました。まあこれ、またさっきの続きかよとお思いかもしれませんが、理由があるのです。
アンナは闘技場ボーナスで使用するので全ステータス+4になるため、上記構成だと速さが48になるんですね。50近いと攻め立て率は格段にあがります。なので彼女はちゃんと攻め立て発動確率が高いという計算をもって装備させました!
Cスキルは大紋章が余り気味(ナンナ10体いたので・・・)だったので守備の大紋章2に、神竜の花+5させることでステータスをさらに1ずつアップさせました。聖印速さ守備はたまたまで、普段は攻撃守備(魔防)の大覚醒を装備しています。
この構成にしてのぞんだ先週の闘技場は、ノノ+10とか青魔・竜系には強いものの、エルフィ+10になるとやはりハンマーが欲しいかなとおもう火力不足がありました。とはいえ、神竜の花無し&待ち伏せにしっぱなし、錬成無しのときにくらべたら耐久があがり、そこそこ打たれ強くなったかなと思います。育成例書き換えておこうっと。

以上で、更新4日空いた間にやってたことを2記事にまたがって書いてみたわけですが、両方合わせて文字数が1万字くらいになってる・・・。長々とすいません。小刻みに2日に1回更新とかしたいのは山々ですが、夜はネット回線が争奪戦でアップロードが全然できないというのと、隙間時間を作るのが精一杯で3日に1回、もしくは4日に1回長い記事を更新するのが通常になってきてしまいました。
あ・・・、ゲーム時間短縮しろよ!という声が聞こえて来た・・・。
とまぁそういうわけで、FEHな日々40はこれで終わりです。最後までお付き合いありがとうございました。ついに総選挙ガチャくるのかなぁ16日のガチャが楽しみです。それでは、また次回まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です