FEH ルキナ・仮面マルス・総選挙ルキナ 星5育成例 第28回目 

こんにちはムカキンです。今回は育成例第28弾記事になります。
今日は覚醒からルキナ ルキナ ルキナ ルキナ! を、お送りします。ルキナは人気キャラなので使ってる人大多数・・・仮面に至っては+10ゴロゴロ。今更かよって感じですが、へぇーこんな風に育てたのかぁアホだなーと下に見てくれて構いませんので、どうぞよろしくです。
この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその103『ルキナ』


①個体値:HP得意、攻撃苦手(実際値47)
②スキル構成:武器『封剣ファルシオン』、補助スキル『献身』、奥義『天空』、Aスキル『飛燕の一撃3』、Bスキル『攻め立て』、Cスキル『攻撃の紋章3』 聖印『攻撃3』にて下がった攻撃を補っている状態です。
③スキル構成理由等:ピックアップでもなんでもないときにふらっと我が軍にやってきたルキナ氏。攻撃苦手だったために、あんまり愛を込めていないという状態。そのために、もう1体ゲットしたとき限界突破しておけば良かったものの、その時は苦手打ち消しの仕様ではなかったために『天空』の素材にされるという扱いをしてしまいました。今は限界突破しておけば良かったと、激しく後悔しております。
そんな懺悔も済んだところでスキル理由をご説明しますと、まず剣を封剣に錬成したのは、そもそもルキナ氏を含めてこの一族はみんな魔防が低すぎる・・・、さらに竜を相手にするのに緑属性以外の竜を相手にすると瀕死になる、もしくは力負けして倒されるという(強カスタムしてない普通の状態だとね)ことが起こりがちなので、ファルシオン持ちなんだからもうちょっと竜族葬れよと試行錯誤した結果、発動しやすい条件で全ステ+5になる封剣にチェンジしたのでした。補助スキルの『献身』は、封剣の発動条件を簡単に満たせるためです。相互援助でも良かったんですがAスキルに『飛燕の一撃3』を継承させたので、そのお供にゲットしたまで。(フロリーナ星4からだと両方取れる)
Aスキルに飛燕の一撃を継承したのは、得意じゃないと36しかないので封剣発動下で41になったとしても昨今のインフレステータス相手にBスキル継承させた攻め立てが発動するか微妙だったので、少しでも足しになればいいなぁという期待を込めました。
Bスキルを攻め立てにしたのはごく最近で、当初ここには『回復』をつけていました。
もともとルキナは、彼女の自前スキルの『速さの覚醒』を装備していたのですが、天空と回復を持っているとガンガン回復していくので、覚醒条件満たし辛く、全然覚醒発動してくれない事が多々あったのでやめました。

そのためにB枠は『攻め立て』にして、もともと低い魔防を気にせず敵を葬れるようにしました。
Cスキルの攻撃紋章は余りもんです。そのうち大紋章系にアップデートできると良いなぁと思ってますが、これはこれで1マス横の人が攻撃+4の恩恵を受けられるので、有用なスキルだと思ってます。
彼女を使うのは主に縛鎖の闘技場で、竜族が2体以上出る時です。一人で2体やらせるので、封剣効果&攻め立てが発動してくれてなんなら3体の竜もやれちゃうこともあり、このスキルもなかなか使えるなぁと思っております。
剣をファルシオンのままにして絆錬成し、Aスキルを獅子奮迅+回復にする育成にするのも考えたのですが、みなさんやっているので自分がやらなくても良いかなぁと思ったのと、たまたま『獅子奮迅』のヒナタがいなくて・・・、別の組み合わせで彼女の力を発揮できるスキル組み合わせはないかなと模索した結果が上記スキルとなったのでありました。

FEH 星5キャラクターその104『仮面マルス』


①個体値 配布+限界突破2
②スキル構成等:武器『封剣ファルシオン』、補助スキル『献身』、奥義『月光』、Aスキル『明鏡の一撃3』、Bスキル『攻め立て3』、Cスキル『攻撃の紋章3』、(聖印魔防+1は、魔防が20になって見た目がよくなるのでつけているだけです)
③スキル構成理由等:仮面マルス氏は初回戦渦の連戦の報酬だったのですが、あのときのスコアゲット(ボーナスとかまるでない)が鬼畜すぎて・・・、星5で手に入れることができなかったという苦い思い出があります。
仮面マルスはスキルがまーったくない状態からカスタムなのでかなり育成がめんどくさかったのですが、なんとか運用できるように試行錯誤してスキル編成しました。ほとんど上記でご紹介したルキナと同じ構成ですが、奥義が天空でないのと、Aスキルが明鏡の一撃なところが違います。
仮面マルスも魔防が低いので、封剣効果の+5と、明鏡効果の+6で魔防が30になるようにしました。これにより竜族相手に瀕死にならず倒すことができました。攻め立ては、彼女もまた縛鎖の闘技場で竜族を1〜3体を相手にすることを想定しているので、連戦に耐えるためです。
素のルキナと違ってこちらは限界突破+2しているため速さが38あるので、封剣効果で速さ43になるので、Aスキルは飛燕ではなく明鏡にしました。
せっかくだからルキナとまったく同じスキルより、いろいろ実験してみたほうが良いなと思ったためです。
こちらも縛鎖で竜族相手に対戦させていますが、青以外の竜なら危なげなく連戦できています。
上記ルキナと仮面、どちらも連戦で使いますが、どちらかというと明鏡仕様の方が危なげないかな・・・。
サブ垢も配布でもらった仮面マルスがいるのですが、こちらは、

絆錬成、獅子奮迅+回復にしました。奥義が天空ではないので、ルキナより回復力が劣りますが、それでも使いやすいです。

FEH 星5キャラクターその105『総選挙ルキナ』


①個体値 速さ得意、HP苦手
②スキル構成『ゲイルスケグル』、補助スキル『引き戻し』、奥義『天空』、Aスキル『金剛の構え』、Bスキル『剣殺し3』、Cスキル『速さの大紋章2』
③スキル構成理由等:総選挙ルキナは割と最近ゲットしたキャラです。ゲイルスケグルで周囲を強化できるのですが、特攻武器ではないので火力がそんなに出ないなぁというのが率直な感想でした。Aスキルはもともと鬼神金剛の一撃ですが、スキル継承で+4継承できるようになったときに、試しに『引き戻し』を継承させるついでに『金剛の構え3』もいっしょにサイラスからゲットしてみたら、こっちの方が硬くなって使いやすいなと思ったのでそのまんまにしています。
Bスキルを剣殺しにしたのは、悲しいかな速さ39はいまやそんなに早くない数値なので、剣のみを相手にさせることにしたのです。槍殺しでも良いなとは思いましたが、同属性相手も視野にいれるより、得意属性を伸ばして特化型にしたほうが、個人的には使いやすい気がするのです。
使いどころは縛鎖の闘技場で相手が剣士の場合です。相手が限界突破10とかのキャラだとどうしても1回で倒せませんが、こちらがやられることもないので安心して投入できるキャラかなと。

次回予告 FEH 第29回 星5育成例106〜

次回は引き続き覚醒からジェローム、マーク女(マーク男)、ノワールをお届けします。マーク男はメイン未育成ですが、サブ垢と隠しが育てているので、オマケ程度でご紹介しようかなと思ってます。次回も是非宜しくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です