FEH クロム・騎士クロム・ルフレ(男)・邪竜ルフレ(男) 星5育成例

こんにちはムカキンです。育成例第22弾記事をお送りいたします!
今回は、覚醒から、クロム、騎士クロムとルフレ男、邪竜ルフレ男の育成例。
キャラ育成例は自分のキャラをどう育てているかご紹介するコーナーですが、割と初期の頃に手に入れたキャラは育成が中途半端だったりすることもあるので、こういう機会を設けることで見直しができ、わたしとしてはとても有意義なコーナーになっています。
今回紹介するクロムさんもスキル見直しをされた一人です。紹介するのにあまりにも貧相すぎるのはちょっとねっていう見栄ですね(笑)

この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその82『クロム』


①個体値:攻撃得意、守備苦手
②スキル構成:武器『ファルシオン絆錬成』、補助スキル『入れ替え』←引き戻し待ち、奥義『天空』、Aスキル『鬼神の一撃3』、Bスキル『斧殺し』、Cスキル『守備の紋章』
③入手経路やスキル説明等:星3、4で手に入るクロムですが、私の所持しているクロム殿は蒼炎実装のガチャで赤だけ引いていたら手に入れた星5クロムです。攻撃力が高いので個体値攻撃得意はありがたいですが、苦手が守備苦手なので貧相な魔防とともに耐久面が非常に不安なため、打たれ弱いのが難点です。
わたしとしてはもともと高い攻撃力があるので攻撃得意でなくても、得意個体でプラス4される速さ得意に個体値変更限界突破したいと個体値を狙っている最中です。総合値上がるの大好き。特に速さが上がるのは大好きです。
ステータス的に主人公『アルフォンス』に激似でありますが、Aスキルを鬼神にしてみたら、私が育成しているアルフォンスまんまになってしまいました。(アルフォン君は記念すべき第一回育成例でご紹介しています)
ファルシオンがあるぶん出番的にはクロムさんの方が多いですが、いかんせん魔防が低すぎるため・・・緑マムクートでもミルラには返り討ちにあったりすることもあります。マルスを含め・・・、ファルシオン持ちの魔防の低さはなんとかならないものかと頭を悩ませております。
活躍の場は主に縛鎖の闘技場。最近はミルラ祭りなので戦いに参加させることが多いです。Bスキルに斧殺しをもたせているので竜以外も削れますが、守備が低いので竜と斧持ちを担当するときは回復杖さんと一緒に出撃させることを心がけております。

FEH 星5キャラクターその83『騎士クロム』


①個体値:守備得意、攻撃苦手。
②スキル構成:武器『封剣ファルシオン』、補助スキル『引き戻し』、奥義『天空』、Aスキル『獅子奮迅』、Bスキル『守備の封印』、Cスキル『騎刃の鼓舞』
③入手経路やスキル編成説明等:星5限定排出の騎馬クロムさん。忘れもしない夏超英雄ガチャで引きまくってたら、超英雄の代わりに登場したのが彼でした。そしてそのころ攻撃苦手を引くブームだったので、例に漏れず個体値攻撃苦手だったときには「またかよ!」と叫んだくらいです。
とはいえ、もともと攻撃力高めなので、緑竜を葬るのはもちろん、同属性キャラすら葬れる力を持っているため非常に重宝しているキャラです。自前Cスキルが『剣の技量』なのでレベル上げのお供に連れて行くことも多く、多方面で活躍中。
縛鎖の闘技場はもちろんですが、大英雄戦などでも活躍してくれます。(わたくしの絆英雄戦カムイカンナ戦で使用しております!)
封剣ファルシオン、獅子奮迅、守備の封印と強いスキルがそろっているのでほとんどテコ入れが必要なく使えるのもありがたいです。
サブ垢でも所持していますが、

こちらは魔防得意、HP苦手個体。魔防が上がっても24しかないのですが、特に問題はありません。
こちらは初回ピックアップで引き当てたクロムさんです。

FEH 星5キャラクターその84『ルフレ男』


①個体値:標準+1
②スキル構成:武器『ブラーレイヴン+』、補助スキル『引き戻し』、奥義『緋炎』、Aスキル『相性激化』、Bスキル『弓殺し』、Cスキル『守備の紋章3』
③入手経路やスキル編成説明等:もともとはHP得意、速さ苦手個体だったのですが、3人の英雄ミッションでノーマル個体を手に入れたのでそれを機に限界突破しました。
もともと持っていた個体値は初期配信で手に入れた時の星4キャラを、その当時『個体値』というものを知らずにプレイしていたために知らずに覚醒させてしまったので、個体値システムを理解してから良個体値に上書きしたというわけです。といってもノーマル個体なのですが、男ルフレは苦手でマイナス4になるステータスがほとんどなので標準が良い気がします。
スキル構成は安定の激化レイヴン。相性相殺スキルが存在するものの、割と高確率で相性相殺を外している人が多いので、激化レイヴンで困ったことはないです。
活躍の場は総選挙リン対策で使用することです。激化レイヴンをもってしても攻撃力が低いので、赤属性相手にぶつけると自分も死なないけれど、相手も倒れないみたいな状況になります・・・。もっぱら物理弓撃退特化キャラになっています。

FEH 星5キャラクターその85『邪竜ルフレ男』


①個体値:速さ得意、HP苦手に限界突破1
②スキル構成:武器『邪竜のブレス』、補助スキル『入れ替え』、奥義『華炎』、Aスキル『スヴェルの盾』、Bスキル『迎撃隊形』、Cスキル『竜盾の紋章』
③入手経路やスキル編成説明等:最初にゲットした星5は守備得意速さ苦手だったのですが、速さ苦手になると追撃をもらいすぎてHPをだいぶ削られてしまうため使いづらかったので、先月(2018年10月末)開催の伝承エイリークで手に入れた速さ得意個体に限界突破することにしました。速さ25以下は好きじゃありません!
Aスキルをスヴェルの盾にしたのは、迎撃や切り返しと相性の良い呼吸、構えスキルが手に入りにくいので、特攻を一つ減らす意味でも安価なスヴェルの盾が良いかなくらいの考えです。ですが・・・、制圧戦の重装ボーナスの時はCPUがあからさまにアーマーキラー所持をしているので、それに潰されないだけでも装備しておくと便利だなとは実感しています。
また、ほにゃららの呼吸だと迎撃隊形の奥義カウントと重複して発動しないので、そのうち構え系がゲットできたら(特に金剛の構えは星4サイラスでゲット可能なので)変更しようかなと目論んでいます。
ステ値が高い、超英雄はだいたい重装仕様と、重装が優遇されがちなゲームですが、私の攻略ではあまり重装を使用しないので・・・、大制圧戦や月替りミッションの重装縛りプレイとかそういう時に使用するくらいです。
しかしながら間違いなく強いキャラなので、限界突破10しているフレさんからキャラをお借りしています。ありがとう!!!助かってます!

次回予告 星5育成例その86〜

次回の育成例第23弾は、引き続き覚醒シリーズから、女子ルフレ、邪竜女子と、キラーんとしている女子、小石拾い君をご紹介いたします。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です