FEH エイリーク・伝承エフラム・ルーテ・リオン 星5育成例

こんにちはムカキンです。今日は星5キャラ育成例第17弾をお届け。
今回紹介するキャラは聖魔の光石シリーズから、エイリーク、伝承エフラム、ルーテ、リオンです。通常エフラムがいないのが残念なところです。
この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその64『エイリーク』


①個体値:攻撃得意、HP苦手に限界突破1
②スキル構成:武器『ジークリンデ』、補助スキル『守備魔坊の応援』、奥義『月虹』、Aスキル『飛燕の一撃3』、Bスキル『剣殺し』、Cスキル『速さのコブ』、補助、奥義、Aスキル、Bスキルとほとんど継承させています。自前は武器とCスキルのみ。
③入手経路等:エイリークは星5排出もするので、最初は星5でHP得意、魔防苦手を引いて使っていたのですが、魔防苦手になると魔法受けできないと思ったので、攻撃得意の星4を星5に覚醒し、限界突破させました。ぎりぎりまで速さ得意個体と迷ったのですが、決め手は攻撃得意で数値が4あがるということ。総合値があがるのはメリットとして大きいです。速さ通常でも36高いので、Aスキルを飛燕にして追撃の可能性をあげました。Bスキルを剣殺しにしたのは、速さがあるのでひかくてき速さの遅い斧相手だと斧殺しが必要ないと思ったので、速さの高い剣ユニットを潰すために剣殺しを継承。フンパツいたしました!
補助スキルを移動系スキルではなく守備魔防の応援にしたのは、ブレード系魔法の補助役として一人で全部の補助をかけてあげられるようにするためです。そして支援をニノと結び、セットで出撃させるようにしています。
エイリーク自体可愛いので好きですが、がっつりカスタムしないと力不足のため、大制圧戦等で出撃させるときは、フレンドさんが育てている強いエイリークを借りてしまっています。いつもありがとうございます!

FEH 星5キャラクターその65『伝承エフラム』


①個体値:HP得意、守備苦手に限界突破
②スキル構成:武器『炎槍ジークムント』、補助スキル『守備魔防の応援』、奥義『太陽』、Aスキル『鬼神金剛の構え2』、Bスキル『太陽の腕輪』、Cスキル『騎刃の鼓舞』、補助とCスキル以外は自前です。
③入手経路等:初回の伝承英雄ガチャでは手に入らなかったのですが、その次の伝承英雄ガチャでゲットした記念すべき100体目の星5英雄です。その時の記事はこちらから読めますが、確かこのときミカヤも一緒にゲットしていてテンションあがりまくりだったのを覚えています。
過去記事に書いてありますが、最初に手に入れたエフラムの個体はHP得意、速さ苦手でした。その後もう1体引く幸運に恵まれたのですが、その個体が現在の守備苦手個体だったのでどちらに限界突破するか非常に迷いました。ですが速さ苦手にすると4下がるデメリットの方が多かったので守備苦手をとりました。さがった守備は聖印守備の城塞で補うことにしました。
別の過去記事に伝承エフラムを大カスタム(奥義疾風迅雷等)している方がいて、とても強くてお借りしていた頃があったのですが、自分のエフラムでは大カスタムすることができないため、既存のスキルをそのまま活用しています。既存スキルで完成されているので、テコ入れがいらない使いやすいキャラですね。武器の追撃効果を出すために単騎で突っ込むことがおおいので、Cスキルは鼓舞じゃなくて死の吐息とか紫煙とか威嚇とかステ値を下げるスキルにした方がいいかもなと最近思っています。
使い所は、Bスキルの太陽の腕輪効果と奥義太陽で大幅回復できるため、戦渦の連戦ボーナスを利用しての連戦の主力キャラに使うことが多いです。

FEH 星5キャラクターその66『ルーテ』


①個体値:攻撃得意、守備苦手に限界突破1
②スキル構成:武器『奇異ルーテの書』、補助スキル『攻撃魔防の応援』、奥義『凶星』、Aスキル『獅子奮迅3』、Bスキル『攻め立て』、Cスキル『魔防の謀策3』、奥義、AB以外は自前だった気がします・・・。
③入手経路等:最初の1体目は昨年の総選挙アイク等が実装されたあとに追加開催された総選挙パート2みたいな企画でやったガチャ(ワユとドルカスセットのやつ)でゲットした星5英雄です。この時期のガチャはフィーバータイムだったらしく、攻撃得意に恵まれました。
最近のガチャ(記事こちらああ)で2体目を入手したので(そちらは魔の攻撃苦手)、限界突破を果たしています。
スキル構成は、守備が低いので奮迅攻め立てコンボ構成。奥義の凶星は、実はこの時凶星や流星、爆発系などの不人気(個人的にね・・・)奥義がカウント現象されるなどテコ入れがあった時期で、奥義カウント短縮になったので装備させてみたというだけのこと。結果的に、攻撃力の高い彼女にはぴったりでした。
すぐに瀕死になるけれど使い勝手はかなりよく、大制圧戦や制圧戦の歩行グループの大部隊編成に組み込んで使用しています。それから大制圧戦時のフレの貸出も彼女にしています。お気に入りの一人です。

FEH 星5キャラクターその67『リオン』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『ナグルファル』、補助スキル『引き寄せ』、奥義『氷蒼』、Aスキル『相性激化3』、Bスキル『弓殺し3』、Cスキル『魔防の大紋章2』、補助、奥義、Aスキル、Bスキル以外自前です。
③入手経路等:大英雄のリオンさんは、大英雄戦の星4報酬を覚醒したもの。ナグルファルが無属性レイヴン持ちなので、すぐに覚醒させました。
復刻英雄戦がすぐに行われたり、投票対戦では1位を獲得するなどかなりの人気ですね。
覚醒したての頃はBに剣殺し2を継承させたりしていましたが、レイヴンにはやはり弓殺しのほうが需要があるので変更しました。無属性魔法持ちにありがちな構成ですが正直これが最強で最高なのではと個人的に思っています。
むかきん2号は奥義を変更しただけであとは同じ構成。

むかきん2号のリオンさん。↑奥義が月虹です。奥義の違いをそんなに感じないですが、月虹のほうがカウントが早いぶん、鈍足の彼には合っている気もします。
使い所は総選挙リン対策ですが、最近では大英雄戦ジャムカでジャムカの撃破を担当しました。
むかきん1号ではルフレ男を使用しましたが、むかきん2号はルフレを覚醒させていないため、リオンで代用。ちゃんと役割を果たしてくれました。
守備が26と魔道士にしては高いので、弓殺しと相性がいいです。ルフレに比べて魔防が高いので、緑魔にも対応できる点が優れていますね。
速さが低すぎるのが難点ですが、活躍どころの多いキャラであることは間違いないです。

次回予告 FEH キャラ育成例その68〜その71

次回のキャラ育成第18弾は、同じく聖魔の光石シリーズから、ヴァルター、アメリア、ヨシュア、マリカをご紹介します。キャラ育成もついに70体目突入と、所持星5英雄の半分の紹介を終えました! まだまだ続きますが、どうぞみなさまよろしくお願いします。
それでは最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です