FEH アーダン・アルヴィス・ディアドラ・セリス 星5育成例

こんにちはムカキンです。今回は星5キャラ育成例第10弾をお送りします。紹介するキャラは聖戦の系譜からアーダン、アルヴィス、ディアドラ、セリスです。前回の次回予告でセリスは紹介する予定になかったのですが、区切りの関係でセリスも紹介することにしました。最後にオマケで限界突破してカスタムし直したキャラのSSをアップして終わりますので、そちらもよろしくです。
この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその34『アーダン』


固い強い遅いのアーダンです。このセリフを吐いた張本人のアレクは未実装ですね。ノイッシュ共々そろそろ出て欲しいです。
①個体値:標準値
②スキル構成:武器『勇者の剣+』、補助スキル『入れ替え』←ソール星3、奥義『大盾』、Aスキル『生命の大地3』←星4ボーイ、Bスキル『追撃リング』、Cスキル『守備の大紋章2』、補助とAスキル以外はすべて自前です。
③入手経路等:このアーダンは、シグルド初実装時に開催された戦渦の連戦の報酬英雄です。スキルを組んだ理由は、HPが60もあるので、生命の大地によってより固くしようと思いました。アーダンは特にテコ入れしなくてもすぐ使えるキャラだったので、重装ボーナスのつく制圧戦で使用しています。むかきん2号も所持していますが、奥義を変えただけであとは一緒です。

Cスキルを重盾の紋章に変えていました。継承先は星4ドーガです。

FEH 星5キャラクターその35『アルヴィス』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『ファラフレイム』、補助スキル『引き寄せ』、奥義『爆火』、Aスキル『獅子奮迅3』、Bスキル『リカバーリング』、Cスキル『守備の謀策3』、補助スキルとAスキル以外はすべて自前です。
③入手の思い出:初実装の大英雄戦で手に入れた星4をすぐに覚醒させました。リカバーリングが獅子奮迅と相性がいいので、もうこれしかないだろっていうくらいのスキル構成ですね。というか世間でもこの構成以外ほぼみかけないです!奥義を氷蒼にしている人がいるくらいですかね。私は範囲巻き込み型奥義が結構好きなので、標準装備している人はとくに変更しないことにしてます。むかきん2号もまったく同じ構成です。
私は原作の中でも聖戦の系譜が上位にくるくらい好きなので、原作の複数プレイはもちろん、漫画とかもがっつり読んでいたのですが、シグルド軍に思い入れがありすぎて、第5章(大人編最終章)でいつも発狂してました。私が育てあげたキャラがこんなやつらのメテオを避けられないはずがない!と。
FEHでは速さが少し物足りないので、聖印速さ3を常に装備させています。もはや彼と一体化しつつあるこの頃。
斧を倒すのはもちろん緑魔も安心して受けられる性能なので、憎しみはスマホの横に置いといて、愛用しています。

FEH 星5キャラクターその36『ディアドラ』


①個体値:攻撃苦手、速さ得意。
②スキル構成:武器『聖書ナーガ』、補助スキル『引き寄せ』、奥義『氷蒼』、Aスキル『相性激化』←星4ロイ、Bスキル『切り返し3』、Cスキル『速さの謀策3』、補助スキル、奥義、Aスキル以外は自前のスキルです。
③入手経路:伝承英雄で星5ピックアップされていた時に入手しました。攻撃苦手なので、竜相手に押し負けることがしばしば・・・。過去の記事でも書いたのですが、2距離の敵に〜スキルを持つ竜族に、特攻を持ちながらも下手すりゃ返り討ちにあうこともあるため、せめて青竜にだけは負けたくないという思いから、Aスキルを相性激化にしました。今は聖印を外していますが、聖印『不動の姿勢』を装備させ、待ち伏せ対策をすることで安全に青竜を葬れます。『切り返し3』の継承素材、滅竜力ともに貴重なお母さん。是非とも攻撃ノーマルが欲しいです・・・。使い所は縛鎖の闘技場の青竜相手です。

むかきん2号のディアドラ母さん。攻撃得意、HP苦手個体です。攻撃苦手のむか1母さんと攻撃力が6も違うのを見ると、攻撃苦手ってほんとつらいなって思ってしまいます。スキルはほぼ同じですが、攻撃得意個体なので、奥義を凶星にしています。

FEH 星5キャラクターその37『セリス』


①個体値:守備得意、HP苦手。
②スキル構成:武器『ティルフィング』←そのうち聖剣ティルフィングに変更予定です、Bスキル『速さの応援』、奥義『烈風』←星4ソレイユから、Aスキル『守備の覚醒3』←星4クロムから、Bスキル『差し違え3』、Cスキル『魔防の大紋章2』←星4ソレイユから。
③入手経路:星4からの覚醒です。覚醒させた時にスキル構成をふくめなんか熱く語っている過去記事があったので、興味があったら恥ずかしいけど読んでみてください(こちら)。一応育成は終わったつもりですが、彼の育成を終えたあと実装された同じ聖戦キャラのアレス君が持つ『攻撃守備の大覚醒』が、差し違えと相性がいいんじゃないのかと思って素材を待っています。でもまったく星4のアレスが引けない。欲しいものへの欲が強すぎて手に入れられないという伝説の『欲しいものセンサー』が働いているに違いありません。使い所は・・・いまのところないです・・・。ですが、2.8アプデートで闘技場ボーナスキャラで相手を倒すとポイントが増える仕組みになったので、活躍の場はこれから増えるかもしれませんね。

FEH 星5育成例オマケ・紹介を終えたキャラたちのその後

今回はジョルジュです。速さ苦手で使いづらいとぼやいていましたが、この度無事に速さ得意に限界突破いたしました。

29から36になりました。追撃も取りやすくなったので、使い勝手がよくなりました!育成記事はこちらから。

次回予告 FEH星5キャラクターその38〜42

次回は聖戦の系譜とトラキアからアレス、フィン、ナンナ、ラインハルト(剣)、ラインハルト(魔法)の5人とちょっと多めですが、ラインハルトは特筆すべきことがあんまりないため、一気に紹介してしまうことにしました。どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です