FEH セーバー・マチルダ・デューテ・ソニア 星5育成例 第9回 〜武器錬成追加追加訂正記事〜

こんにちはムカキンです。2019/05/27以前、通常更新が途絶えて申し訳ないですが、ちょっと忙しくてとりあえず過去記事の訂正で更新しようという試みです。
セーバー武器追加、デューテ、、ソニアに錬成追加などあったので、それらの掲載とスキル構成変更などについて訂正、記事を書き直しました(主にセーバー)。
また、過去記事には入手経路やら覚醒理由など書いていましたが、それらを過去の駄文として④掲載するまたは削除するなどして、本文を書き直してします。(現在進行形の育成例と過去の育成例の書き方が違っているので、現在に寄せるようにしたのです)

以下過去記事。

こんにちはムカキンです。今回は星5キャラ育成例第9弾をお送りします。紹介するキャラはFE外伝エコーズからセーバー、マチルダ、デューテ、ソニアです。最後にオマケで育成紹介したあとに限界突破してカスタムし直したキャラのSSをアップして終わりますので、そちらもよろしくです。
この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。
育成例を書き始めて思ったのですが、初期にプレイしていたころと比べて、最近、『個体値に対する考え方』がちょっと変わってきて、覚醒候補に上げている星4英雄がいるのに覚醒を躊躇することが(躊躇というより悩み・・・)が多くてなってしまいました。まあ試験的にやってみて、だめなら限界突破すれば良いだけの話なんですが、個体値の選定ってほんとに頭を悩ませますよねぇ。
今回紹介するマチルダさんも、個体値選びで悩みに悩んだ一人。個体値ツールを使ってステータスを事前に把握していても、机上の数値ではあらわせないのが、このゲームの育成の楽しさとも言えるのかな。
それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその30『セーバー』〜2019/05/27訂正 武器追加錬成&限界突破〜


①個体値:速さ得意+限界突破2
②スキル構成:武器『黄金の短剣 奥義時遠距離反撃錬成』、補助スキル『入れ替え』、奥義『聖盾』、Aスキル『HP速さ2』、Bスキル『盾の鼓動3』、Cスキル『速さの鼓動3』←マシュー星4より継承。補助スキルとCスキル以外はすべて自前のスキルです。
黄金の短剣の錬成効果は以下、

個人的に新武器追加されてかなり使えるようになったのはこのセーバーなんじゃないかと思うくらい良い武器です。錬成効果も自前スキルとまっちしているため、スキル変更の必要がないところも嬉しい!
③スキル構成理由等:構成理由もなにも全部自前ですが、キルソードから黄金の短剣になったことで、Bスキルの盾の鼓動がかなり良い働きをしてくれるので、変える必要がなくなったというところでしょうか。奥義の螺旋で常に奥義発動状態にすれば常に遠距離反撃していられるので魅力ですが、盾の鼓動のダメージ➖5の恩恵もかなりあると思うので、螺旋は星5限定だし手に入れる方が大変なので、盾の鼓動で十分じゃないかなと思います。
新武器&錬成によって、セーバーの使い所がかなり増えました。私は縛鎖の闘技場で、冒険心からセーバーを強化ニノに当ててみたんですが、意外と生き残ってたので、それ以降魔道士にガンガンあてにいく使い方をしています。あとは想いを集めてや、修練の塔で使っていますが、操作が面倒な時はセーバーを特攻させて放置してるだけでみんな倒してくれてたなんてことも良くあり、かなり使いやすくなったなぁと実感しています。
この育成例にのせていたころは限界突破せずに素材として2体所持していましたが、使いやすくなったので限界突破して強化を図りました。

④過去の駄文:入手の思い出・スキルを組んだ理由・活躍の場:セーバーは入手順でソートすると33番目にゲットした星5英雄さんです。結構早い段階で仲間入りしたキャラ。総選挙アイクやリンが実装されたあたりのガチャで手に入れました。あの時(総選挙ガチャ)は持てる全ての力(無料オーブ)を注ぎ込んでガチャしてたんで、星5英雄が結構手に入ったんですよ。総選挙ガチャは超英雄みたいに一度きりのチャンスなんじゃないかと勝手に思い込んでたんで、今ガチャするしかない!と必死でした。思い込みって怖いです。ハイ。

FEH 星5キャラクターその31『マチルダ』

①個体値:速さ得意、守備苦手
②スキル構成:武器『ホースキラー速さ↑3錬成』、補助スキル『魔防の応援』、奥義『月光』←カチュアから星4から、Aスキル『金剛の一撃』←星4ティアマトから、Bスキル『相性相殺3』、Cスキル『騎刃の鼓舞』←星4ギュンターから。
③入手の思い出:マチルダさんは星4でも手に入りますが、このマチルダさんは星5で入手して、それに星4覚醒したマチルダに限界突破させました。その時のガチャ結果の記事が過去にあるのですが・・・、どれだったか忘れました・・・。確か個体値が速さ苦手だったため、速さが割と高めのマチルダが速さ苦手は使いづらいだろうということで、早々に限界突破した次第であります。しかしながら・・・、この個体値選定が結構悩んだんですね。
ご覧の通りマチルダは攻撃力が弱いので、攻撃得意にして単純な火力アップを狙った方が良いかなと思いながら、悩みに悩んで結局速さにしたわけです。選んだ理由はなんとなく・・・です、攻略サイトさんを参考にしたりもしました。結果としては、相性相殺のおかげで深緑の斧持ち相手だと(特にティアマト)速攻潰せるので、かなり使えます。魔防も高いので、騎馬レオンやエイリークを相手にできますし、活躍の場は多いかと。
スキルを組んだ理由ですが、奥義の月光は氷蒼でも良かったんですが単純にその時素材がなかったので、万能奥義の月光を選びました。Aスキルは紙みたいな防御力を少しでも補うための金剛の一撃。騎馬は基本受けて倒すより、突撃して敵を葬って、さっさと帰ってくるみたいなイメージがあるので、〇〇の一撃と相性が良いと思ってます。Cスキルは自前の攻撃の鼓舞から、騎馬パーティ限定の鼓舞に付け替えました。

ムカキン1号の育成ではマチルダを速さ個体にしましたが、攻撃個体の育成も捨てきれないと思ったので、ムカキン2号では攻撃個体を採用しました。ちなみにムカキン2号の育成は星5の良個体で手に入ったキャラ以外は、ほとんど星4限界突破で育成してます。

上記SSがむかきん2号のマチルダです。攻撃得意、HP苦手(多分・・・)に星4で限界突破+10してます。10番目に英雄値を使い、星5マチルダを重ねました。ちょっと奮発しました。
さくっと紹介すると、Aスキルに獅子奮迅、聖印に守備の城塞を装備させることで、脆い耐久力の底上げを行なっています。攻撃得意個体のため、獅子奮迅で+したぶん守備の城塞でマイナスされても高い攻撃値を保てています。苦手をHPに振ったことで、脆い守備も大幅に底上げされています。騎盾鼓舞を受けると重装なみに固くなります。速さも速さ得意と変わらないし・・・、数値的には攻撃個体に奮迅で底上げするほうが強いかもしれないです。騎馬相手という限定的な場面ではありますが、どちらのマチルダも相手を確殺できる力があるので、個体値はお好みで。

FEH星5キャラクターその32『デューテ』〜2019/05/27武器錬成効果追加のみ〜

①個体値:攻撃苦手、魔防得意
②スキル構成:武器『共鳴オーラ』、補助スキル『引き寄せ』←Bスキルともに星4ソワレから、奥義『氷蒼』←星4ゼロから、Aスキル『鬼神の一撃3』、Bスキル『剣殺し2』、Cスキル『攻撃の大紋章』。補助、奥義、Bスキルいがいはすべて自前スキルになります。
③スキル構成理由等(過去の駄文を訂正掲載):スキル構成はほぼ自前なのですが、速さが通常値で34と赤属性相手に追撃をとるのは難しい数値なので、剣殺しを装備させました。剣殺し2止まりなのは推して知るべし・・・。無課金にとってはあるあるの、慢性的なアベル不足です。ソワレさん大活躍ですねぇ。奥義が氷蒼なのは魔防が高いからです、元々もっている祈りよりも、火力アップ奥義につけかえたほうが確殺力が上がりました。
共鳴オーラと大紋章でサポートする他、剣殺しで確実に赤剣を葬る力など、活躍の場は他の星5青属性さんより多いです。縛鎖の闘技場では大概『ゼルギウス』相手にぶつけています。瀕死になるけれど剣殺しのおかげで倒すことが可能です。

④過去の駄文:入手の思い出等:このデューテは、アルム軍ガチャ初実装で手に入れた星5英雄さんです。星5入手順でソートすると21番目にあたります。さて、共鳴オーラ、攻撃の大紋章をひっさげて初登場した彼女ですが、いやあ当時は強かった・・・。彼女のおかげでクリアできた高難易度ミッションはいくつもありました。本当に助かりましたとお礼を言います。
彼女は攻撃苦手の個体値ですが、当時は個体値ツールを使っていなかったというか、個体値の存在をちゃんと認識していなかったので、申し分ない火力を持つ子なので、特に気になりませんでした。今思えば、この頃から私の『攻撃苦手を引くスキル』は発動していたのですね・・・。
武器錬成が追加されたのでSS↓

慢性的な雫不足のため、まだ錬成してません・・・。味方も自分も強化できるので素晴らしいです!

FEH 星5キャラクターその33『ソニア』〜2019/05/27武器錬成効果のみ追加〜


①個体値:HP得意+限界突破1
②スキル構成:武器『共鳴エクスカリバー』、補助スキル『速さ守備の応援OR引き寄せ』←星4オスカーから、奥義『月虹』、Aスキル『鬼神明鏡の一撃2』、Bスキル『槍殺し』←星4オスカーから、Cスキル『魔防の謀策3』。補助、Bスキル以外は自前スキルです。
③スキル構成理由等:スキル構成についてですが、Bスキルの槍殺しはオスカーが星4になるまでは、槍殺しは2止まりでした。オスカー星4が手に入った時に、補助スキルとともに3にランクアップ。彼女は特に速さが高いわけではないので、槍殺しがあると安定しますね。緑魔殺しを装備させていた時もあるのですが、魔法キャラはだいたい魔防が高いので、基本的に魔防が低い物理相手に特化した方が活躍できると思い、槍殺し一本で行くことにしました。縛鎖の闘技場や、最近だとアルヴィス卿大英雄戦などでも活躍してくれました。ただ闘技場では、フィヨルム相手だと落としきれない時があります。フィヨちゃん強すぎ。
④過去の駄文:入手の思い出等:彼女は上記デューテと共に開催されていれたセリカ軍ガチャで初実装された時に引いた星5キャラでした。最近2体目のソニアを引いたのですが、ステータスが攻撃苦手だったか、速さ苦手たったかだったため、現在のHP得意に限界突破しました。
彼女は奥義+10ダメージの元祖といえる武器を引っさげて登場し、反対属性すら葬る攻撃力で、今でも修練の塔や、戦渦で敵として出くわすと、うっかり倒されちゃうっていうくらい強いキャラです。魔防の謀策系のスキルもこの時が初実装だった気がします。
追加された武器錬成効果↓

奥義即撃ちできる錬成はとても良いですね。ソニアにぴったりな気がします。螺旋つけたらオフェリアみたいな働きができそう・・・。螺旋ほすぃ。
慢性的な雫不足のためこちらも未錬成です・・・。
サブ垢は錬成したので、下記SS張り替えました。
また、サブアカウント『むかきん2号』にもソニアを所持する幸運に恵まれました。ただスキル構成をまったく同じにしたので、個体値の違いをお披露目するくらいで、詳細は割愛します。

むかきん2号のソニアさん。1号と同じHP得意ですが、守備苦手です。守備なさすぎ・・・。

次回予告 FEH星5キャラクター育成例その34〜36

次回の育成例は第10弾、エコーズ勢が終わったので、聖戦の系譜からアーダン、アルヴィス、ディアドラを紹介します。
それからまだ未定ではありますが、現在ご紹介している育成例がメインアカウントのむかきん1号に所属する星5英雄の育成例ですので、そのうちサブアカむかきん2号の育成例も書いていくつもりです。1号とかぶっている英雄は一緒に紹介しているので、2号のみ所持している英雄を中心にご紹介していきたいと思います。1号とは多少違うアプローチで育成していますので、それはそれで参考にしていただけたら幸いです。
それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です