FEH ヴァルター・アメリア・ヨシュア・マリカ 星5育成例

こんばんはムカキンです。本日は星5キャラ育成例第18弾をお届け。
今回紹介するキャラは聖魔の光石シリーズから、ヴァルター、アメリア、ヨシュア、マリカです。大英雄3体と、みなさんも持っているであろうキャラで、育成も普通ですが・・・、どうぞよろしくお願いします。
この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその68『ヴァルター』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『魔性の槍』、補助スキル『入れ替え』、奥義『月光』、Aスキル『飛燕の一撃3』、Bスキル『回復3』、Cスキル『恐慌の奇策3』、補助、Bスキル以外は自前。
③入手経路等:初期大英雄戦で手に入れた星4を星5に昇格。初期開催で手に入れた割りに星5にした歴史は浅く、このブログをはじめてからピックアップ星4の対象で星5にした英雄です。実装後は使用している人が多く、私の記憶が正しければ初の恐慌の奇策持ちだったはず・・・。
その割にHP42と低く、重装相手には通じない・・・。でもCスキルを変更するのも勿体無い・・・そんなこんなで恐慌の奇策のまんまです。
攻撃力が50と結構な高さで、魔性の槍が獅子奮迅のような役割を持ち、追撃も取れるので使いやすいキャラではある気がします。
最初は素材がなかったのでBスキルに引き込みなど継承させやすいものを装備していましたが、魔性の槍効果でゆるく削られていくHPを回復させたいという気持ちでBスキルを回復に変更しました。
あとはほぼ自前。なんの参考にもならないですね・・・。
飛行ユニットがたくさんいるので我が軍ではそんなに出番はないのですが、大英雄戦の攻略に飛行パで挑む時に入れてみると結構いい仕事をしてくれるので、頼り甲斐はあります。
飛行が充実していない場合、覚醒させるのはアリかと。というわりに、むかきん2号では覚醒してません。ごめんなさい。

FEH 星5キャラクターその69『アメリア』


①個体値:攻撃得意、HP苦手に限界突破
②スキル構成:武器『キラーアクス鍛+速さ錬成』、補助スキル『入れ替え』、奥義『緋炎』、Aスキル『生命の大地3』、Bスキル『槍殺し3』、Cスキル『重装の行軍3』、補助、奥義、Bスキル以外自前スキル。
③入手経路等:アメリアは初回ガチャではなくその後入手したキャラクター。確かヘクトルがピックアップだった時に緑をひたすら引いた時、最後の最後でヘクトルではなくアメリアが出たという結果だった気がします。その時は守備得意、速さ苦手だったので、その後もう1体を引く機会に恵まれた時攻撃得意個体に限界突破しました。
アメリアは速さが高い重装であり、初の重装行軍持ちとして出てきた子ですが、その特徴が活かせるように奥義は攻撃系にかえました。武器を速さ錬成にしたけれど、追撃がとれるか微妙な値だったので、確実性をとってBスキルは槍殺しに。(これにより、今では守備か魔防錬成にすれば良かったと思っています)斧相手にも十分相手にできる万能タイプなの上、行軍が本当に便利なので、修練の塔重装限定ミッションや、他の重装限定ミッションでは必ず出撃させるようにしています。
むかきん2号でも同じく2体ゲットできたという幸運に恵まれ、

速さ得意、守備苦手個体に限界突破しています。構成はほぼ同じですが、速さが40以上あるので、こちらはBスキルを待ち伏せに、奥義を華炎にしています。
緑枠の重装はたくさん実装されてきたので出番は少なくなってきましたが、行軍が便利で速さが高い有能重装なので重宝しています。

FEH 星5キャラクターその70『ヨシュア』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『アウドムラ』、補助スキル『速さ魔防の応援』、奥義『月虹』、Aスキル『近距離防御3』、Bスキル『待ち伏せ3』、Cスキル『速さの大紋章2』、補助、Bスキル、Cスキル以外は自前スキル。
③入手経路:戦渦の連戦星5報酬。ついこないだのフェースティバルのじゃなくて、初回のときのです。よってもう1体ヨシュア星5を持っているのですが、限界突破するか悩み中・・・。近距離防御が美味しすぎて・・・他の子に分け与えるか悩んでしまいます。
スキルは当初風薙を使っていたので、奥義を追撃奥義烈火にして追撃できないデメリットを補うなど工夫してみたのですが、クセがある上に全然削れないのでやめました。奥義は月虹に戻し、近距離防御と相性が良さそうなBスキルに待ち伏せをいれてみて(切り返しはコストかかるし)、生存率を上げつつ倒す・・・というような構成を意識してみました。耐久型なので補助スキルは引き戻しのほうが活躍できそうですが、Cスキルの速さの大紋章をティルテュから継承させる時に一緒に継承させて、装備したままにしてあります。
過去に風薙で四苦八苦していた時はこんな感じでした↓。

これにした意図は、近距離防御と奥義発動短縮を利用して、受けて奥義を発動させ、風薙で安全圏から爆破型奥義連撃を食らわす、という理想があったのですが難しかったです。この形にしていたときは、聖印を速さの虚勢にしていました。

ちなみに、むかきん2号も全く一緒の構成なので、解説は省略です。
フェースティバル中に開催されていた戦渦の連戦ではステータス補正もあり申し分ない働きをしてくれたのですが、通常では速さが中途半端なのであんまり出番がないのが悲しいところ。ステータスがまんべんなく高いので絶対使える奴のはずなのに、わたしのカスタムがいけないのでしょうね。
もうちょっとテコ入れが必要だと思いました。やはりBスキルは切り返しでしょうか・・・。最近むか2号が翼をためまくっているので、試しにやってみるかなぁ。

FEH 星5キャラクターその71『マリカ』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『倭刀+速さ錬成』、補助『入れ替え』、奥義『凶星』、Aスキル『HP守備2』、Bスキル『待ち伏せ』、Cスキル『歩行の鼓動』、補助、Bスキル以外は自前スキルです。
③入手経路等:戦渦の連戦ミニのあなたを信じます〜の報酬でした。その時のテンション高い過去記事()があったのですが、まあ恥です。
マリカのステータスはセーバーに似ている気がします。スキルも似てるし・・・↓。

マリカさんは無課金には嬉しい『歩行の鼓動』無料ゲットだったので、それだけで価値は十分だと思います。
スキル構成としては、倭刀+速さ錬成にしたことで少し物足りない速さを上げたということ。待ち伏せは特に何をしたいという明確な理由はないのですが、星4で入手できるお手軽な継承が待ち伏せ、回復、◯◯殺しくらいなものなので、HPと速さが高めのマリカには待ち伏せが合うかなと思ったのでつけました。

むかきん2号の育成ではBスキルを回復にしてみました。聖印HP1なのにつけるだけでアーダンなみのHPを誇るマリカさん。HPを奥義ダメージに加算できる奥義が出たら真っ先に継承させたい値ですよ。
いまこうして育成例を書きながら思いついたのが、このHPの高さを生かしてAスキルを生命の大地(ボーイ星4)にしても悪くなさそうだなということ。
むむむむむ、育成例を書いているというのに、なんだか今更別の育成をしてみたくなってしまいました・・・。
例えばAを生命の大地にしたら、奥義は緋炎にして、錬成も守備にかえて、Bスキルは斧か剣殺しとか・・・。もしくは奮発して切り返しちゃうとか・・・。
想像が止まらなくなってしまいました。むかきん2号だとわりと素材があまっているので、近日中に改変するかもしれません。そのときはこの投稿の終わりにおまけで貼り付け直すことにします。

次回予告 FEH星5育成例その72〜その75

さて、次回予告です。次は育成例第19弾。なんとついに!蒼炎シリーズ突入です!とか気合い入れている割にキャラがそろっていないので、19弾で全員紹介が終わってしまいます!
ご紹介するのは、アイク、総選挙アイク(英雄一覧順番では暁後ですが、アイクはならべて紹介することにしました)、ティアマト、エリンシアの四人です。思い入れのあるキャラの回ですので、いつも以上にテンション高くてうざいかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です