FEH レベッカ・プリシラ・フロリーナ・カナス 星5育成例

こんにちはムカキンです。今日は星5キャラ育成例第15弾をお届け。ようやく星5英雄の紹介が三分の一まできたところです。
今回紹介するキャラは烈火の剣シリーズから、レベッカ、プリシラ、フロリーナとカナスです。フロリーナはつい最近星5に覚醒したばかりでしたが、なんとか紹介できるくらいにはなりました。

この育成例は、個体値、スキル構成、入手経路、覚醒の思い出、スキルを組んだ理由、使ってみての感想などについてカテゴリーをわけながらキャラ育成についての想いを語るコーナーです。それでは参りましょう! レッツキャラ育成!

FEH 星5キャラクターその56『レベッカ』


①個体値:守備得意、魔防苦手
②スキル構成:武器『銀の弓+』、補助スキル『献身』、奥義『月光』←星4フレデリク、カチュア、Aスキル『飛燕の一撃3』、Bスキル『攻め立て3』←星4シャニー、Cスキル『攻撃の鼓舞3』←星4女カムイ、奥義とB、Cスキル以外は自前です。
③入手経路等:最初攻撃得意個体を星4で育てていたのですが、ある日何かのガチャで星5を引いたため、個体値が微妙だったにも関わらず、使っていた星4キャラを星4のまま限界突破してしまうという過去の失敗をしたキャラ。魔防苦手だとステータス値がマイナス4され、もともと27もある魔防が23とかなり低くなり、魔法受けが出来ない悲しい個体です。守備得意でも24しかないので弓受けもしづらいため、飛行を潰すだけの役割しかいまのところ持てていません。速さ得意や攻撃得意に限界突破して活躍の場を増やしてあげたいところ。
上記のスキルにした理由は、全体的にステータスが低いので、自分のステータスと関係ない奥義『月光』を継承。Bスキルを攻め立てにしたのは、耐久ステータスが低いので反撃を受けずに追撃できる攻め立ての方が相性がいいかなと思ったからです。速さも飛燕込みで40になるので攻め立て発動圏内ではあるのかなと。Cスキルはなんでもよかったので、余りがちの鼓舞系を継承させています。
錬成石があれば銀の弓攻撃、もしくは速さにふりたいと考えています。使い所は縛鎖で飛行パーティが出てきたときに使用しています。

FEH 星5キャラクターその57『プリシラ』


①個体値:速さ得意、魔防苦手
②スキル構成:武器『パニック+』、杖『リバース+』、奥義『天照』←星4リフ、Aスキル『守備3』←星4ソール、Bスキル『救援の行路3』←星4カイン、Cスキル『騎盾の鼓舞』←星4ジェイガン。武器、杖、以外はすべて継承。
③入手経路等:入手順ソートで36番目と初期の頃に星5で手に入れた英雄。何かのガチャで引き当てました。杖キャラが少なかった時に星4で個体値特に気にせず使っていたのですが、星5が出たので星4を吸収合併。魔防苦手なのですがそこまで気にならない値で、速さも30以上あるため使いやすいです。騎馬杖なので、Cスキルを鼓舞にすることで騎馬ブレードなどのサポートもでき活躍しています。
守備力が低いのでAスキルで補いました。再行動と同じく、杖に救援も便利かなと思いBスキルを救援にしてみたのですが、リバースと相性が良くとても便利でした。奥義は天照に変更。全体回復は本当に便利です。公式の漫画でリフが継承素材として星になる④コマは、あるあるすぎて思わず吹き出しました。
個人的にプリシラ自体好きなキャラなので、他の杖キャラと比べて頻繁にパーティに組み入れることが多いです。可愛い・・・。とかいいつつ、最近もう1体手に入れた星5をスキル素材にしてしまいました。えへ。

FEH 星5キャラクターその58『フロリーナ』


①個体値:速さ得意、HP苦手
②スキル構成:武器『貫きの槍 鍛+ 速さ錬成』、補助スキル『献身』、奥義『氷蒼』、Aスキル『飛燕の一撃3』、Bスキル『一撃離脱』、Cスキル『生の息吹3』、奥義、Bスキル以外は自前です。
③入手経路等:つい最近特攻野郎Aチームだぜーとか言いながら星4から覚醒させた星5です。(関連記事はこちらでっせ)
速さ得意の個体を選んだのは、得意でステ値が4上がるというのと、できるだけ自前スキルでなんとか(使えるように)構成したいという考えがあるためです。速さ得意で、飛燕と錬成込みで値が40になり、ゼルギウス(速さノーマル)相手にも剣殺しなしで追撃とれる! 速さ通常で27なので、かなり変化しますね。魔防が高いので奥義は氷蒼ですが、攻撃力が低いので月光のほうが良かったかしら。Bスキルは飛行には便利で無難な一撃離脱を継承させました。育成したてで間に合わせ感がなくはないですが・・・、重装が倒せて生きて帰れればそれで良い。というスキル構成です。
ちなみに、同時期に覚醒したもう一人の特攻野郎エストも速さ得意、HP苦手個体。スキル継承もほぼ同じになってしまったのですが、

こうして比較してみるとエスト強い。原作でも加入が遅いのに育てると強かったもんね。
フロリーナは育成がとりあえず終わったばかりなので、これから縛鎖の闘技場デビューをして使ってみてまたスキルの修正等していきたいと思います。

FEH 星5キャラクターその59『カナス』


①個体値:標準
②スキル構成:武器『ラウアアウル+攻撃錬成』、補助スキル『相互援助』、奥義『凶星』、Aスキル『攻撃3』、Bスキル『斧殺し3』、Cスキル『魔防の指揮3』、奥義、Bスキル以外は自前です。
③入手経路等:2018年6月に開催されていた戦渦の連戦『四牙相食む』の報酬です。(過去記事がこちらにありました)
速さが29と低めなので、攻撃力を上げてなんとか斧敵を削り切りたいという思いで作った構成ですが、縛鎖で斧相手に使っても結構な確率で撃ち漏らします・・・。ラウアアウルという武器がクセがあって扱いづらいですね。私は苦手です。プレゼントリンに継承させている方と対戦したことがあるのですが、それはまじつえーでした。
ちなみにむかきん2号のカナスは下図の通り。

攻撃に特化させた1号とは違う構成にしたくて、自前のAスキル『HP魔防』を装備させ、奥義を氷蒼にし、錬成を魔防にして(まだですが)奥義威力を上げる構成にしようかなと思っています。補助は引き寄せのほうが使いやすいので変更してしまいました。
使い所は縛鎖の連戦で、魔防と速さが低い敵相手かな。ただやはり攻撃力が42しかないので、削りきれないときがあります。追加武器の実装で、火力がもう少し上がれば良いな。

次回予告 FEH 星5キャラクター育成例その60〜63

次回は育成例第16弾です。引き続き烈火シリーズからニニアン、ライナス、ウルスラ、ニノをご紹介していきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です