FEH 手前味噌Special4弾〜気がつけば 新シリーズ 始まってた〜縛鎖7連戦先週の結果とキャラテコ入れ〜

夜中にこんばんは。むかきんです。連日寝落ちしていたのですふと起きたので、昨日書こうと思っていた先週2月18日〜2月25日8時まで開催の7連戦の結果と、その週に色々と縛鎖について見つめ直した育成についてご報告。あと追加でこちらの都合なのですが、ブログのカテゴリーに手前味噌縛鎖7連戦キャラ紹介というカテゴリーを作りました。縛鎖記事書くのが楽しくなってきたので、これからキャラ育と絡めて書いていけたらいいなと。
さて、まずは先々週(2月11〜18)の結果ですが、

1スコアの差が!とかいってたんですが、5スコア落としたのにもかかわらず、5スコア高かった回よりも順位が上がるという結果に。もうスコア関係ない?闘技場ボーナスキャラと関係があるんだろーか?素人にはもうわからん。その時参加した猛者の都合ってことでしょうかね。
そんなわけで、前回の結果はおしくも3000位逃すでおわりました。
さて、縛鎖7連戦は私の一発屋キャラが活躍する場であるというのはこの全体のブログ記事を読んでいただければわかっていただけると思っていますが、今回をふくめて4回ほど記事を起こすにあたって、より安定して一発屋が活躍できるスキル構成の見直し、自分が星5オンリーでもなんとか使えるように育てたキャラが埋もれないように(用は検索しやすいように)、グループわけをし直すというちょっとした工夫をしました。
まず所持キャラが350体いるので、そこから縛鎖用に特化したキャラを探すのが結構めんどいのでカラー&カテゴリ分け。

みなさんきっともっとちゃんと活用してんだろうな・・・と思いつつ、自分がわかりやすければそれでいいやという単純さが垣間見える仕分け。
縛鎖で使うのは緑以下濃いピンクの4〜8のカテゴリ〜です。
その中で今回付け足したのは、縛鎖で使う緑枠の『一発屋』という名の『特攻なし殺し持ちキャラ』を集めたカテゴリ。1の育成済みというカテゴリに全キャラぶっこんでたので、縛鎖で使えそうなキャラ、縛鎖でいつも使ってるキャラ、縛鎖用に作ってたのに知らんうちに埋もれてた子等々をつめこみました。SSとってないので、ざっとした紹介は来週しますね。
縛鎖連戦中にキャラを検索しやすくなったので、ひじょ〜にやりやすかったです。
あとのカテゴリは前からあるやつですね。トンボ取り隊は勇者弓を持った弓キャラ・・・だったのですが今はもう飛行特攻持ちの集まりと化してます。特攻野郎は重装キラー、特攻の騎馬竜はその名の通りです。再行動は踊り子の集まりですね。

FEH 新シリーズ始まっちゃったけど、とりあえず先週シーズンの結果をお披露目するよ〜2月18〜25日シーズン

では早速ですが先週シーズンの振り返りをしたいと思います。ここで一つお伝えですが、上記カテゴリ分けしたことにより埋もれてたキャラを再発掘したので、そのキャラやスキルが本当に機能するかどうかを試すため、できるだけ前回使用しなかったキャラを使ってみたりと実験しました。なので結構途中で負けました(笑)やり直し多数でがんばった結果です。

1回戦キャラに変更はありません。750スコアを目指しインアウトを繰り返し。いつぞやの記事でテコ入れしたファルシオン持ちじゃないマルスがまぁ、すんごい活躍するんですよ・・・。逆に貫き仕様にしたエリウッドがいまいちです。遠距離反撃+カサブランカで赤魔や青魔などの魔道士に対しても強かったのですが、今は数ミリのHPを残してしまい、撃ち漏らすこと多し。やはりカサブランカの強化無効は魔道士キラーです。ただ高スコアほど重装とマッチングすることが多いので、闘技場の時は貫き構成でいいやって思います。
まず1回戦勝ち抜いて、2回戦。まぁこっから7連戦するのがひじょーに大変でしたが、(途中リタイア4、5回あったかも・・・)勝ち抜けた流れは以下の通りです。

重装を軸とした+伝承ロイのお相手でした。重装が多かったので、特攻野郎Aチームからキャラを採用。対ヘクトルにセルジュを採用しました。槍殺しは2。シーダとアクアから飛行昆布を受けられるので安定した狩ができました。

対アイク&ロイ用に初のエスト採用です。今まで特攻野郎としてチームにいましたが、Bスキルが一撃離脱だったので『剣殺し1』を継承し、安定して使いやすいように変更しました。+アルファ武器がトライアングルアタック可能(飛行部隊で使うこと前提)なため、剣ころなくても連続攻撃可能ということでロイ相手の2戦いけるかなーと思って試しに使ってみたら、見事に役割を果たしてくれました。Aスキルが明鏡の一撃なのは、(以前は飛燕の一撃)竜族系の重装の場合ダメージが魔法なので、少しでも軽減するためです。ただ今回は意味なしでした。

シーダ様はエフラム対策です。前回も前々回もよく使いますが、今回はBスキルを斧殺しに変更しての初採用です。攻め立てより確殺できるのでこちらも変更して良かったです。

再行動に飛行お正月アクア。飛盾じゃないほうの昆布の名前はなんだっけ・・・忘れちゃったよ。
続いて3回戦。

まぁまずはミカヤさんを投入するよねっていう。重装で青や緑が多い構成の時は一人三役こなせるので、杖キャラとセットにするのが良いです。
こちらはもう所持スキルでこなしてますが、絆が発動しないとやられることが多いので、改善するならAスキルでしょうかね。
スルトは守備隊形がある場合一撃で葬れないので、再行動必須です。

エタルダー対策にオボロを起用しました。以前めっちゃくちゃ強いオボロさんと対戦したことがあり、その方に憧れて自分もいろいろテコ入れしてあげたいと思いつつ、限界突破1しただけ(苦手打ち消し)で終わってしまったという残念な感じなってます、いまんところは。
Bスキルは今は安定の剣殺しですが、強いオボロに憧れて血迷っていたとき、1体しかいない貴重な愛の祭りティアマトの連携スキルを継承してしまうという今思えばもったいねーことしたっていう、ああもったいないことした・・・、時間を巻き戻したい・・・。
と、私のぼやきはさておき、ちゃんと勝ちました。

最近杖枠ではまずフィヨルムを採用してます。前回レストに救われたので、タコ殴り&レストの安心感は素晴らしいです。

スクルド目当ての再行動です。
続いて4回戦。

伝承リン、伝承セリカの重装混成パーティです。ああきちゃったよめんどくせーのがああああと悶えましたが、なんとか堪えました。
剣ラインハルトはリンとセリカの対策です。属性以外特に弱点ないキャラは、相性属性と物理でねじ伏せるしかないと思うので、マスターソードさんにお任せしました。
どーでもいいことですが、現在の私のトップキャラは、マスターヨーダに憧れるケンプファーになってます。そろそろケンプフをちゃんとカスタムしないとなぁと思うんですが良い構成がうかばないので、勇者の剣でも装備させて、マスターソードが手に入らなかった体にしてみようか・・・。

エタルド対策に特攻野郎からサイラス氏。彼は奮発してBスキルが剣殺し3なんですよ、もう今や貴重なスキル。うちのアベルは残り3体しかいません・・・。星4ピックアップまたやってくれないかな。
サイラスはがちむちなので、物理系アーマーに強くて良いですね。騎馬キャラと組ませたので安定してました。殺しがあるのと機動力があるので、Aスキルは構えじゃなくて鬼神でも攻撃アップ系でもいいんじゃないかと思うこのごろですが、素材に余裕がないので思うだけ。

いつもの出番ですカインさん。今まで剣殺しだったので、Bスキルを斧殺しに変更しておきました。
2属性相手にするほど耐久ないので、得意属性を特化するほうが使いやすい。持論ですが。

再行動リネア。縛鎖キャラを見直す流れで、再行動の聖印やCスキルなどの細かい部分を調整しました。
リネアもその一人。いままでCスキル空欄、聖印空欄だったのですが、近距離警戒の聖印が増えたので、銀ゴブ(遠距離警戒)とあわせてつかったら両方の近遠防御あがるじゃん?と思ってつけてみました。機能するかどうかはしりません・・・。
Cスキルに守備の大紋章をつけました。彼女がそばにいれば防御面のサポートがちむちになります!
続いて5戦目。

きたよー、きちゃったよ伝承アルム+10の人がーーーーっ。5連戦目でくるとほんと涙目になるからやめてほしい。というわけで、迎え撃つはラインハルトでヴェロニカサポートにしました。ヴェロウニカは強い杖キャラなので、アタッカーとしても使えるため補助でつけました。

困った時のラインハルト。相手に剣が多い構成だったのでもう考えるのもめんどーだし、一人3役をお願いしました。行楽の槍重装さんは(ごめ、名前ど忘れ)あ、ルカだった、遠距離反撃+ベルクト持ちだったので、槍殺しもってても削れない&反撃で死亡なので、4役は無理でした。

行楽ルカ専用に配備した高火力ビーム、フレデリク。安定の粉砕力でまじで助かります。こないだ速さ得意にして極限まで速さ特化したフレデリクをみましたが、速さ25から44までになれるんだ・・・と思ってびっくりしました。愛ですね。すごい好きですそういうの。

再行動枠。単純な構成とスキルですが、なぜかうっかり1撃をうけても生き残ってくれる優秀な踊り子。
続いて6連戦目。初回6連戦で沈没したので、気を引き締めていきました。

ここにきてまた・・・苦手な再行動+混成パーティでした。混成パーティは頭使うから苦手です。
なので今回は、困った時のフィヨルムでいきました。フィヨルムの良いところは赤魔はもちろん竜や、青魔、へたすりゃ緑魔すら耐えられる魔法耐久力といところでしょうか。とりあえずリオンとチキを相手にする役目で採用しました。あわよくばエッケザックスとは思いましたが、HPとか考えるとジリ貧になりそうだったので、素直に特攻キャラにまかせることにしました。

対ゼフィールにミカヤ。Aスキルを相性激化にしているので重装相手なら安定した火力がだせます。

再行動枠。彼女も聖印等整備したのですが、歩行キャラパーティだったのに採用してしまったので、(前回の履歴かな・・・)〇〇の指揮がまったく機能しないという残念な結果に。まぁそんなこともある。

やはり飛行撃ち落としといえばこの方しかいないでしょう!トンボ取り隊、隊長です。Bスキルを槍殺しに変更してみましたが、緑魔の強い子がどんどん増えてきているので、やっぱり緑魔殺しに戻した方がいいかもしれんと思いました。
はぁやっと最後だ7連戦目。

最後は竜パーティだったので、エリウッドに締めてもらいました。強い・・・強すぎるキャラだ。

竜といえばディアドラでしょう。相性激化にしているので、青竜、青魔にはめっぽう強いです。
ただ今回の攻略でうっかり赤竜の攻撃をうけるという立ち回り上のミスをしたときは肝を冷やしました。被ダメ倍増なので詰んだ・・・って思ったけど1生き残ったっていう運の良さ。まじで助かったよディアドラさん。

クリスマスソティス対策のルーナさん。相性激化+特攻でちゃんと仕留めてくれました。ソティスは竜特攻無効なので本当に苦労するのですが、重装特攻対策されたらやばいな、まじで。

いつもの大トリ再行動。ただたんにチェンジするのめんどいっていう履歴。
というわけで、7連戦終わりました。結果は・・・、

スコア5235とまたまた大幅ダウンしました。ふぅ・・・。やり直し繰り返すとスコア下がるとかある?
終了した時点で順位3000位ジャストだったので、まぁシーズン終了したらもっと下がるだろうなと思っていましたが、

案の定3735位でした。もう少し基礎スコアを伸ばす工夫をしないとこれ以上は厳しいかもしれないですね。

FEH おまけ 縛鎖キャラテコ入れ強化月間で『飛行特攻』の元祖であるマリクくんを限界突破してみた〜でも使ってない・・・

最後に、縛鎖キャラをテコ入れする流れの一環で、個体値の上書き限界突破をしたキャラがいました。

マリクがずーっと攻撃苦手のまんま日の目をみることなく埋もれてたので、攻撃得意個体の星4をゲットして確保していたことと、一応飛行特攻だっていうことと、やっぱりマリクといえばFEの初代魔道士っていっても過言じゃない、偉大なる人物なわけで。
なんとか限界突破10しなくても使えるようにならんかなと思ってとりあえず苦手をうちけし、火力をあげる試みをしました。(苦手だと39しかないってどういうことだ)

といってもまだまだテコ入れしないと強化飛行群には太刀打ちできないので、ちんたらちんたら時間をかけて改良しますわ。

以上先シーズンの縛鎖結果とキャラの紹介でした。
今週はどうなることやら・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です